トップページ

メインページ

働き方改革で効率アップ

短時間で理想の成果に

短時間でより多くの成果を出す方法。

理想のワークライフと業績アップを実現。

働き方改革は誰でも可能。

働き方改革についてよくわかっていない、どうすればいいかわからない人が多いかと思います。

簡単に「長時間労働を減らすことと同時に労働生産性も上げること」を指しますが、これらの両立は本当に可能なのか疑問に思う方も多いでしょう。

働き方改革による仕事の効率化や残業時間の削減は従業員だけでなく会社にも大きなメリットがあります。

実はそこまで難しくなく、システムを用いた業務の効率化や自動化、最先端のツールによって比較的容易に働き方改革や業務の効率化が可能になります。

多くの企業でどのような議論が行われ改革実現に向けて進んでいるのか、仕事の効率化、残業時間の削減をしながら利益を上げる方法をこのページで説明します。

働き方改革の成果として下記のようなことも実現出来ます。

離職率ゼロ

(前年30%)

残業ゼロ

前年平均60時間

売上180万円UP

前年平均60万円

※一人当たり1ヶ月の売上

詳細を見る

働き方改革とは実際にどう行うのか

その疑問に答えます。

働き方改革の成果

業務効率が向上、仕事と生活との両立が実現

カルビーでは、在宅勤務を導入した結果、 社内アンケートで業務効率は71.8%が向上したと回答、 さらにワークライフバランスが向上したという回答が87.3%と、 生産性の向上に繋がったという結果になりました。
また通勤のストレスの減少により業務効率の向上が図れております。
在宅勤務制度により職場に行かずとも業務を行うことができるため、介護期間や育休期間においても業務に参加することが出来、職場復帰時に短期間で元の業務に復帰できる他、オフィスを用意せずとも業務をすべて在宅で行うことにより、オフィス管理費用を削減することが出来ます。

在宅勤務

離職率低下

離職率低下

離職率を大幅低下

イケアでは、全社員を正社員とすることによって、 同一労働同一賃金を実現し、 離職率が30%から15%近くに半減しました。 労働者全員が責任意識を持つようになり、全体の モチベーションアップにつながり業績が向上しました。
離職率を減らし、長く務めることによって一人当たりの生産性も向上します。

残業時間削減

夜間残業 30%→5%へ削減

伊藤忠では、朝形勤務を徹底し、夜間残業を禁止することにより、 20時以降退館者を、30%から5%まで削減しました。 また残った仕事を始業時間前に行う、業務時間内に業務を行うという 意識が向上し、仕事効率が25%向上しました。
さらに時間内に業務を終わらせるという習慣が根付き、ダラついた業務も無くなり、 会社全体でしっかりした業務体制になり、業務効率の向上につながりました。
働き方を見直すことによって、全体の業務時間を短縮し、社員一人一人が効率的に動くことにより、働き方改革における業務時間の削減が達成出来、また一人あたりの効率を上げることにより高い生産性を実現することが出来ます。

残業時間削減

働き方改革を導入した企業はもう成果を出しております。

今から進めることによって、

より効果的な改善に繋がります。

社員にとって働きやすい、無駄のなく効率的な環境にすること、モチベーションを維持することによって、効率や生産性を高めることが出来ます。特に今の段階から行うことにより運用の問題点を早期に洗い出し、議論することによってより良い環境にし、モチベーション向上からの利益の向上へつなげることが出来ます。システムを用いた事例では、効率化に成功した事例と運用していく上で出てきた問題点が併記されております。

働き方改革を単なる長時間労働の是正と捉えてしまうと、逆に現場の疲弊に繋がり、収益が落ちてしまいます。

働き方改革の最も重要なポイントは業務のあり方の見直しと改善であり、 生産性向上によるによる時間短縮、ツール導入による業務情報の集約、管理の一見化によって、 さらに短縮した分他の業務を行ったり、1日にこなす業務量を同じ時間でより多く行うことにより、利益につなげることができます。

あらゆる業務を見直し、改善していくことにより業務の幅を間接的に広げることが出来、従業員のモチベーションを維持するだけでなく、生産性の向上につながり長期的に収益につながります。

  • 改善箇所の発見
  • 社内コミュニケーションの見直し
  • 適切なツール・システムを導入
  • 短縮された分の時間の活用 他の業務、新規業務へのリソースが生まれる。

会社内において、どの業務がより効率的に改善できるか、短縮された分の時間をどのように活用するか、現状の把握と目標の設定を行い、適切に対処することによって利益につなげながら働き方改革に基づいた業務の改善を行う事が出来ます。
改善箇所に対して、適切なシステム・ツールを用いることで業務を効率化・自動化することにより作業の効率化、社内コミュニケーションの円滑化を図ることにより、業務時間の短縮を行うことが出来ます。

働き方改革のメリット

会社のメリット

会社のメリット

  • 働き方改革の取り組みは作業の効率化に繋がります。
  • システム化、自動化によって業務の簡略化、可視化が容易になります。
  • 仕事にメリハリを付けることにより短時間でより多くの成果をあげることができます。
  • 仕事に安定感が出来、安定した従業員の確保が可能になります。
  • 誰もが働きやすい柔軟な会社であれば、
    社員の定着率も向上し、新しく入社してくる社員も自然に増えてきます。
従業員のメリット

従業員のメリット

  • 柔軟な勤務形態や就業形態が認められれば、仕事の時間が減らすことができ、
    育児や介護中に時間に充てられます。
  • 仕事の時間を削減した分、社外の研修などを受講して能力向上に繋げることができます。

働き方改革を効果的に行うことによって

経営者と従業員相互にメリットを生み出すことが出来ます。

働き方改革による効率化や自動化は会社側にとっては実はメリットでもあり、効率化によって空いたタスクを有効活用することにより、同じ時間でより多くの業務を当てることが出来、また業務上の手間や無駄を見直す機会になるため、会社の利益向上にも繋がります。

効果的に運用することによって従業員と会社間双方にメリットを生み出すことにより、定着率も上がり、従業員の生産性が向上し、さらなる利益向上へとつなげることが出来ます。

働き方改革導入企業の業績比較

業績比較グラフ
業績比較グラフ

3年間で23%の差

働き方改革が内閣の方針として定められてから3年間の間で、働き方改革を行っている企業は 大幅に増加し、業績としての成果も出ております。 働き方改革に向けた取り組みは多くの企業で急速に進んでおります。

働き方改革を率先して行うことにより、各現場で業務効率化へのモチベーションが高まり、会議のやり方、システム化など、自発的な動きが数多く生まれたことにより、更に効率化が進み業績につながっております。

すぐに効果が現れない、運用準備に手間がかかる、そういった理由で消極的、簡単な措置で済ませてしまう企業も多いですが、長期的に見ると効果は大きく、また運用次第では短期間で効率化が実現できます。

行わなかった場合の今後のリスク

労働人口低下に伴う生産性の低下

労働人口の減少に伴う全体的な生産性の低下により、 従来通りのサービス、業務が出来なくなります。 現在は残業等で穴埋めが行われておりますが、将来的にはそれでも足りなくなり、 いずれ業務が困難になっていきます。 一人一人の生産性の向上をしていかないと成り立たなくなります。
一部業種ではサービスの提供が困難になり業務を縮小せざる得ない状況となっており、人手不足により効率化とシステム化・自動化は避けては通れない状況となっております。

労働人口の予測グラフ
労働人口の予測グラフ

労働人口の予測グラフ

2016年には約6,648万人の労働人口が算出されておりましたが、急激な少子高齢化により

将来的には
約3,946人とほぼ半減する予想となっております。

長時間労働による生産性の低下

長時間労働を行っていても成果が出ない、疲弊により生産性の低下に繋がり、 また労働人口の低下によって更に悪化する危険性があります。現状のサービスや業務をそのままの体制で行うことにより一人あたりの負担が増加し、さらに長時間労働の悪循環に陥る可能性があります。

働き方改革に基づく効率化やシステムの導入と自動化で一人あたりの負担を軽減する、業務フローを根本的に見直すことにより、仕事の量、質ともに維持しながら効率的に業務を行うことが出来ます。

働き方改革関連法対応の遅れ

働き方改革関連法案が可決され、2019年4月から順次施行されることになります、この法改正により労働を取り巻く環境が大幅に変わるため、企業はそれに対応しなくてはなりません。就業時間等の違反罰則が厳しくなるため、安易な残業等はできなくなります。今までと同じ、もしくは少ない時間で同じかそれ以上の仕事をこなす必要があり、企業によっては対応しきれない可能性があります。

同じ時間で多くの成果を出す働き方改革に

取り組む企業が増える中、

他社との差がついてしまうだけでなく、

将来的に業務が成り立たなくなるリスクがあります。

働き方改革導入の具体例

リモートワーク

リモートワーク

同一労働同一賃金

同一労働同一賃金

残業時間是正

残業時間是正

ほんの一例ですが、これらの働き方改革に向けた取り組みは多くの企業で急速に進んでおります。

リモートワークに関してはit企業を中心に導入が進んでおり他の業種にも広がりつつあります。残業時間の抑制、同一労働同一賃金は法制化が進んでおり、将来適応しなければならず、効率化と自動化、労働環境の見直しなど避けて通れない状況となっております。

企業によっては働き方改革のためのシステム導入が難しいなどの問題があります。

しかしより簡単な方法で働き方改革を可能にする方法が
あります。