2018/11/09

働き方改革における会社の問題点

働き方改革うまくいかない企業の背景と課題

働き方改革において生産性向上ばかりを求められ現場が混乱したという方も多いのではないでしょうか。職場環境や成果は急に変えられるわけではなく、背景と課題を理解し職場環境を改善することで、効果が現れます。
働き方改革を実行できない、効果が現れない会社の問題点を紹介します。

長時間労働の背景

帰りづらい職場とアンバランスな仕事量

日本企業にはまだまだ帰りづらい職場があります。「みんなが仕事をしているから」「上司が帰らないから」など、自分の仕事が終わっていても、帰れない雰囲気があります。このような職場の雰囲気が長時間労働につながっています。
また仕事量が多すぎて定時で終わる仕事量ではなく、残業前提の仕事量となっているため、長時間労働につながってしまいます。

このような残業前提の環境では働き方改革の効果が得られません。安易な時間短縮や残業禁止だけでは根本的な解決にはならず、むしろ現場の負担が増加し生産性が低下してしまいます。
多数の人材による長時間労働によって現場が成り立っている場合は、なぜ長時間労働が起きているのか、その対策を含めて分析する必要があります。

改善のためには

ここ数年は上記のような職場は定着率が低下しており、多くの社員が他の職場に流れるということが多くあります。
働き方改革による生産性の向上に対応できず、環境を改善できない職場は淘汰される傾向が強くなります。

無駄な業務を削減すること、仕事の分散方法、業務の可視化を行い常に注視しながら環境の改善に取り組む必要があります。

参考記事

フェードアウトさせないために

働き方改革を導入、継続させる

思ってたより効果がなかった、施策に対して評価が上がらないなどで頓挫してしまう企業も多くあります。
しかし、そのような企業は何が悪いのか、どのように運用するかなどの施策や調査が足りず、また問題があっても検証が十分に行われないなどの問題があり、継続して行うのは難しい状況にありました。
働き方改革の施策は長期的に運用する事によって効果が現れるものや適切な運用を行う事で効果が現れるものがあり、適切に検証し改善を行う事、継続させる事によって効果が実感できるようになります。
また、短時間での成果や効率のいい働き方に対して評価する企業風土を浸透させ、従業員全員に意識させる必要があります。

定着させるために

働き方改革に基づいた業務の改善を定着させるためには、一人ひとりが働き方改革に基づいた働き方を行い、企業に浸透させる必要があります。
例えば、課題管理ツールを用いて自分の業務スケジュールを立てさせ、どのように業務をこなせば効率よく業務を行えるかなどを考えさせる事により、効果的に効率的な働き方を浸透させる事が出来ます。ツールを用いて情報の共有、スケジュール管理を行う事によって今まで無駄だった業務を削減する事にもつながり、また従業員が働き方改革に参加しているという自覚を持たせる事によって、企業、従業員共に効果を実感しながら行う事ができます。

このようなツールを使った働き方改革のご提案をラピニクスは行っております。詳しくはこちらをご覧ください。