2018/11/07

働き方改革のメリット

>

働き方改革のメリット

働き方改革とは

働き方改革とは、人口の減少に伴い、経済規模や社会保障の維持が困難になることが予測されることから 、年齢を問わず、誰もが働きやすい社会をつくり、法令や社会慣行などを変えていき、働き方や暮らし方を改善していこう、という取り組みが働き方改革です。
政府による法改正や施策、企業の取り組みよって、 労働人口減少と長時間労働問題の両方の側面を解決することによって労働生産性の維持、向上を目指しております。

企業から見たメリット

働き方改革の取り組みは作業の効率化に繋がります。 仕事にメリハリを付けることにより短時間でより多くの成果をあげることができます。 仕事に安定感が出来、安定した従業員の確保が可能になります。
誰もが働きやすい柔軟な会社であれば、 社員の定着率も向上し、新しく入社してくる社員も自然に増えてきます。

既存の社員が働きやすい環境にすることによって自然と誰もが働きやすい職場環境となります

無駄な業務の削減

職場環境を見直すことにより無駄な業務を削減することによって、その分を他の業務に当てられるようになり、効率化につながります。

離職率の抑制

働きやすい職場環境を整えることにより、社員の離職率を抑制することが出来ます。社員を定着させ、またその中で成長させることによって、生産性や業務効率が向上します。

社員のメリット

柔軟な勤務形態や就業形態が認められれば、仕事の時間が減らすことができ、 育児や介護中に時間に充てられます。 仕事の時間を削減した分、社外の研修などを受講して能力向上に繋げることができるほかプライベートの時間も出てくる為、その時間を使った消費行動により経済活動が活発化します。

正規雇用従業員・非正規雇用従業員の待遇格差解消

雇用形態の違いによる賃金格差の解消が働き方改革法案に盛り込まれており、賃金格差の是正を行うことが企業に求められております。

長時間勤務・残業の削減

残業時間の上限が月45時間、年間の上限が360時間に明確に制度化することにより、長時間労働を削減します。

働き方改革を効果的に行うことによって 経営者と従業員相互にメリットを生み出すことが出来ます。

まとめ

働き方改革を効果的に行うことにより企業、社員双方にメリットが生まれ、業務の効率化と労働時間の削減の両立が可能となります。 しかし、実現には多大な時間と労力を要するため、中々実現に向けた施策ができない会社も多いと思われます。

ラピニクスではシステムを用いることによる働き方改革の実現と提案を行っております。 詳しくはこちらをご覧ください

働き方改革相談のご相談

ラピニクスではより詳細な働き方改革の情報を発信とご相談、提案を行っております。

どの企業でも可能な働き方改革に基づいたこれからの働き方、 働き方改革をよりわかりやすい形で取り組むための提案を致します。 働き方改革に関する疑問不安や疑問を解決するチャンスです。お気軽にご相談ください。